忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 15:56 】 |
pagetop
make load
韓国で癌治療に対する新たな技術が発表されました。

一見すると『毒をもって毒を制する』という言葉が良く似合いそうな治療法みたいです。
方法は感染タイプのウィルスであるアデノウィルスに女性ホルモンのリラキシンを組み込み、それを癌細胞に注入させ、癌細胞を破壊する。という方法です。

アデノウィルスとはリンパ、扁桃腺を攻撃し、咳、発熱など、風邪に似た症状を発症する感染症の一種。リラキシンは妊娠時などに分泌される女性ホルモンの一種らしいです。

勿論アデノウィルスも人体に悪い影響を齎すウィルスなので、現在発見元である韓国の研究機関ではマウスを用いた入念な臨床実験が行われているようですが、現在の報告では様々な癌に対し、その全てで『60日間で90%近くの除去効果』が得られたというレポートが上げられているようです。

それにしてもウィルスでウィルスを破壊するだなんて・・・思いついた人の発想は凄いなぁ,と思います。
癌治療に対する飽くなき、そして未知の領域への挑戦。
発見した学者さんの考えは分かりませんけど、どんな理由であれ、癌治療に対する新しい道が出来た、という事は素直に嬉しいです。

知り合いでも癌にかかった人は多く、とても苦しい病気でしかも、発症する確率が比較的高いことも知っています。

勿論それ以前に、個々の健康管理が重要なのですが、こういった治療法で少しでも癌で苦しんでいる方が元の健康体に戻る事が出来ればいいな、と思いました。
PR
【2006/10/19 13:26 】 | conscious| comment(0)| trackback(0)
pagetop
<<タキテリックナイト!! | HOME | 劇団四季へ>>
コメント
pagetop
コメント投稿














pagetop
trackback
トラックバックURL

pagetop
FRONT| HOME |NEXT

忍者ブログ [PR]